ジョン・F・ケネディ大統領

おはこんにちばんは、たかはしさんです。

 

はじめましての方は、はじめまして。

 

いつもお読み頂いている方々、ありがとうございます。

 

最近、大統領選のケネディニクソンが着ていたスーツについて話題になりましたので、ちょっと綴ってみました。

 

目次

 

 

ケネディニクソンの大統領選

ことは、1960年の大統領選のことです。

 

1960年9月26日に初めてテレビで大統領選の討論会が行われました。 

 

f:id:dr-collagen123:20180710110112j:plain

スーツの色ですが、

ケネディは黒、右ニクソンは紺。

 

ケネディのスーツは黒で、白黒テレビでは、より精悍に観えますね。

 

後に、この討論会をラジオで聞いていた人は、「ニクソンが勝った」と言い、

テレビで討論会を観ていた人は、「ケネディが勝った」と言ったそうです。

 

この討論会以前はニクソンが有利でしたが、討論会以後はケネディが有利になりました。

 

実は、ケネディがこだわった点は、スーツだけではありません。

俳優のピーター・ローフォードにアドバイスをもらい、より精悍に観えるよう、メイキャップにもこだわっていました。

 

 

ケネディ大統領

そもそもケネディって誰?というお話ですが、「小学生からやり直してこい!!」と言うわけにもいかないので、簡単に説明いたします。

 

ケネディアメリカ合衆国の大統領です。

 

1961年にアメリカ合衆国の大統領に就任し、1963年11月22日にテキサス州ダラスで暗殺されました。

 

アメリカ合衆国では、初のアイルランド系であり、初のカトリック系の大統領になります。

 

在位は1,000日程度と短い期間でしたが、その間に、

と歴代大統領の中でも、かなり重大案件が重なっています。

 

特にキューバ危機は、ひとつ判断を間違えれば、第三次世界大戦につながりかねないようなものでした。

 

また、平和部隊というものを発足させていますが、これは志願者によって発展途上国への開発援助を行う部隊です。

今日の青年海外協力隊の発足につながっています。

 

 

ケネディの名言

最後にケネディの名言をひとつ、紹介いたします。

 

Ask not what your country can do for you; ask what you can do for your country.

国があなたのために何をしてくれるのかを問うのではなく、あなたが国のために何を成すことができるのかを問うて欲しい。

 

1961年 第35代米国大統領に就任した、その大統領就任演説でそう演説しています。

 

民主党というリベラルな政党から排出された大統領ですら、そう演説するのです。

とはいえ、その言動からどう考えてもケネディはリベラルではありませんが。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

#歴史

#ジョン・F・ケネディ

#リチャード・ニクソン