7月6日 零戦初飛行の日 その1

おはこんにちばんは、たかはしさんです。

 

はじめましての方は、はじめまして。

 

いつもお読み頂いている方々、ありがとうございます。

 

本日7月6日は、零戦が初めて空を飛んだ日でございます。

 

f:id:dr-collagen123:20180712181037j:plain

ソロモン諸島上空を飛行する西澤飛曹長搭乗の零戦二二型

 

 

目次

 

 

零戦とは?

零戦は、日中戦争から大東亜戦争(太平洋戦争)末期まで活躍した戦闘機です。

 

正式名称を「零式(れいしき)艦上戦闘機」と言います。

 

艦上戦闘機とは、空母から発艦できる戦闘機のことです。

短い空母から発艦できるよう、設計に様々な制限事項があります。

 

一方で陸軍が使用していた戦闘機は、陸上の長い滑走路から離陸するので、比較的設計は自由でした。

 

零戦の設計

零戦を設計したのは、三菱航空機の堀越 二郎氏です。

映画「風立ちぬ」の主人公ですね。

 

零戦の開発は、昭和12年(1937年)に大日本帝国だった時代の海軍から十二試艦上戦闘機計画要求書からはじまります。

 

その要求は苛烈を極め、堀越氏いわく「ないものねだり」と言わしめるほどでした。

 

その要望は簡単に書くと

  • 速くて
  • 遠くまで飛べて
  • 格闘力がある(旋回が速い)

というものでした。

 

これを実現するために、徹底した軽量化と零戦の特徴でもある大きな翼につながります。

そして軽量化による、防御力の低下へのつながりました。

 

昭和14年(1939年)3月16日に試作機の1号機が完成。

昭和15年(1940年)7月24日に正式採用され、零式艦上戦闘機一一型となります。

 

零戦の名前の由来

零戦皇紀2600年に正式採用されたので、00年で零戦です。

採用年次の下二桁から名付けることが決まりでした。

 

皇紀というものは、初代の天皇である神武天皇(じんむてんのう)が即位してからの年数のことで、西暦に660年を加えると皇紀になります。

 

皇紀は、現代では右に偏った人くらいしか使わなくなってしまいましたね汗

 

余談ですが、ほとんどの戦前の人は、今が西暦何年かがわかりませんでした。

和暦(昭和〇〇年)か皇紀しか使わないからです。

現在は2018年に660年を足して皇紀2678年です。

 

現在のわたくし達が、「イスラム暦は何年?」と問われても分からないことに似ているかもしれません。

これまた余談ですが、現在はイスラム暦(ヒジュラ暦)は1439年です。

 

次回は、零戦の実践投入からを書きたいと思います。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

#歴史

#雑学

#教養

#零戦

#ゼロ戦

#零式艦上戦闘機

#堀越二郎

#風立ちぬ

#永遠の0

#百田尚樹

#大日本帝国海軍